【 2022年版 カープ外国人勢力図 】新外国人も加わり熾烈な1軍外国人枠は誰が奪うのか

JEY(ジェイ)

JEY(ジェイ)

 

2022年は新加入の外国人選手が3人加わりスタートするカープ。
今回はそれぞれの実績と展望から外国人勢力図について話を進めていきます。

 

[ スポンサーリンク ]

 

2022年のカープ外国人選手たち

 

2022年に加入する新外国人選手は現在のところ以下の3人になります。

選手名 投打 生年月日 / 身長・体重
ドリュー・アンダーソン投手 (27)
(Drew Anderson)
右投右打 1994年3月22日 / 190cm・93kg
ニック・ターリー投手 (32)
(Nik Turley)
左投左打 1989年9月11日 / 193cm・104kg
ライアン・マクブルーム内野手 (29)
(Ryan McBroom)
左投右打 1992年4月9日 / 190cm・99kg

 

 

そして、2021年に在籍し、契約更新を行った選手は以下の2選手です。
2021年に在籍した外国人選手のほとんどが更新とはならず退団となりました。

  • ヘロニモ・フランスア投手
  • ロベルト・コルニエル投手

 

2021年のシーズン成績

2021年成績 2022年の契約状況
カイル・バード 33試合(21回2/3) 0勝0敗11HP 4.57 WHIP 1.57 退団
ロベルト・コルニエル 50試合(61回1/3) 1勝2敗10HP 3.82 WHIP 1.37 契約更新
ドビーダス・ネバラスカス 1試合(2回2/3) 0勝1敗 10.13 WHIP 3.00 退団
ヘロニモ・フランスア 8試合(5回2/3) 1勝2敗1HP 9.53 WHIP 2.47 契約更新
テイラー・スコット 登板なし 退団
ケビン・クロン 42試合 .231 (30/130) 6本 16打点 OPS .701 退団
アレハンドロ・メヒア 18試合 .216 (8/37) 0本 0打点 OPS .491 退団

 

以上より、現時点で投手4名、野手1名の計5名体制で2022年はスタートします。
補強ポイントとして”欠如する長距離砲”と”リリーフ陣の強化”がメインとなっています。

 

① 不安要素の多い2022年の外国人選手

 

2020年2021年は感染症の影響で登録枠が5人となりました。
2022年も同様に外国人枠5人に拡大が継続されることが発表されています。

 

現状は1軍登録が確実視されている選手が1人もいない厳しい状況です。
ヘロニモ・フランスア投手は故障を抱え、デビュー当時の球威はありません。

また、ロベルト・コルニエル投手も2021年後半は攻略されることも目立ちました。
新外国人選手が計算できない状況の上、実績組の不安要素が大きい状況と言えます。

 

② 不安要素となる外国人野手”1人体制”

 

現段階で外国人野手はライアン・マクブルーム内野手のひとり。
もし不発に終われば2021年の二の舞となるため、最低1名は追加補強が必要です。

ジェリー・サンズ選手など日本で実績がある選手の補強も選択肢のひとつです。
実績のある外国人野手+新外国人野手」の2人体制をとるのがベストでしょう。
※ その後、誰も追加補強しませんでした

 

ここまでは2021年に書いたものです

 

③ 順調だった新外国人3選手も8月以降は不振に

 

7月にリーグトップのOPSを記録したライアン・マクブルーム選手。
感染症後の影響もあり、8月以降は.240と打撃不振となり4番も降格に。

6-7月と防御率1点台を記録したニック・ターリー投手。
8月に入って打ち込まれることも増え、月間防御率は4.97と一気に悪化。

ドリュー・アンダーソン投手は8月に離脱したまま復帰できず。
再昇格したロベルト・コルニエル投手も敗戦処理の登板が続いています。

7月まで順調だった新外国選手も機能せず、ドミニカ勢も同様の状態。
優勝した時期のような1年間外国人選手が不在もチームの現状を現わしています

 

2022年のシーズン成績 (9/4時点)

2022年成績 登録状況
ライアン・マクブルーム 111試合 .271 (108/398) 15本 53打点 OPS .798 出場選手登録
ニック・ターリー 36試合 (30回) 2勝3敗12HP 3.30 WHIP 1.23 出場選手登録
ドリュー・アンダーソン 13試合 (70回) 3勝4敗 3.60 WHIP 1.20
ロベルト・コルニエル 8試合 (10回2/3) 0勝0敗 5.06 WHIP 1.31 出場選手登録
ヘロニモ・フランスア  3試合 (3回1/3) 0勝0敗 8.10 WHIP 2.10

 

④ ドミニカアカデミーの育成選手・練習生が消滅

 

ここ数年、カープを支えてきたドミニカアカデミー出身選手たち。
いずれも育成契約や練習生として来日し1軍の舞台で活躍してきました。

しかし、2020年を最後に育成契約や練習生が在籍していません。
最後に所属したのがマヌエル・サンチェス外野手とミゲル・エラディオ内野手。

最近はソフトバンクなどが複数のドミニカ選手と育成契約を行っています。
そうした背景もあり、アカデミーに優秀な選手が集まらないのかも知れません。

また、コロナ禍の収益源により余剰戦力を抱える余裕がない側面も。
いずれにせよこの2年間、アカデミーからの戦力補強は途絶えています

 

 

[ スポンサーリンク ]

 

カープ外国人選手の過去記事の紹介

 

以下はカープ外国人選手の過去記事となります。

① カープを退団した現役選手たち

 

 

 

一覧であの外国人選手の今を探す

 

② カープを退団した引退選手たち

 

 

③ 所属外国人選手のドーピング違反について

 

 

④ 過去にカープに所属した外国人選手一覧

 

カープ歴代外国人選手一覧はこちらです。
外国人選手全体とドミニカアカデミー出身選手にわけています。

 

[ スポンサーリンク ]

 

今回のまとめ

 

今回は2022年のカープの外国人選手について話を進めました。
新外国人選手が加わって、新たな体制で挑むシーズンになります。

実績のある選手も計算ができず苦しいのが正直な所です。
また、野手に関しては現時点で1人とさらなる補強が必要です。

2021年は外国人不発の年となり、チーム成績も低迷しました。
3連覇中のように外国人選手枠を争うような活躍がみたいところです。

強いチームには複数の外国人選手の活躍が必要です。
“助っ人”として彼らが1軍枠を争うような活躍を期待しています。

 

他にも記事を読みたい

 

文章・画像の転載はご遠慮ください