【 2022年 プロ野球中継・ネット配信一覧 】スカパー!やネット配信で好きな球団を応援しよう

JEY(ジェイ)

JEY(ジェイ)

 

2022年もプロ野球シーズンがスタートしました。
今回はプロ野球中継の放送と配信について紹介していきます。

 

プロ野球中継の放送・配信を一挙公開

 

最近ではテレビでの放送だけでなく、ネット配信もさかん盛んになっています。
そこで、現在全国的に提供されているプロ野球中継の放送・配信について整理します。

① スカパー! (衛星放送)

 

衛星放送と言えばスカパー!プロ野球セットです。
スカパー!の強みといえば何といっても12球団公式戦全試合完全中継です。

他のサービスでは公式戦全試合完全中継は行われていません。
リーグ単位であったり、特定のチームの主催試合が配信されなかったり。

他サービスが絶対勝てないものを持っているスカパー!は最強でしょう。
私のようにヘビーユーザーにはスカパー!プロ野球セットがおすすめです。

スカパー!のメリット

  • 12球団公式戦全試合完全中継
  • 多数の野球関連番組を放送
  • レコーダーなどに録画が可能
  • オンデマンド配信もある

スカパー!のデメリット

  • アンテナの設置が必要
  • 他サービスに比べ料金が高い
  • 豪雨時に電波障害が生じる時がある

 

いくつかデメリットはありますが、とはいえ最強です。
公式戦全試合完全中継は他にはない大きなメリットとなっています。

プロ野球セットの概要

月額 / 基本料金 429円+月額 4054円

  • プロ野球12球団の全試合を放送
  • MLBやアマチュア野球の試合も中継
youtube動画
参照 : 上原浩治、松坂大輔と球場でしみじみと語り合う!スカパー! プロ野球セットアプリ新CM公開 / マイナビニュース【公式】

 

スカパー!プロ野球セットなら日本人選手を中心にMLB中継も視聴可能です。
放送チャンネルはJ SPORTSで、生中継に加えて、時折、アーカイブ放送も行っています。

 

申し込み月は基本料・視聴料0円

 

 

② 有料のネット配信サービス

 

ネット配信に関しては多く事業者が参入しています。
以下にそれらサービスをまとめて比較したので参照ください。

ネット配信のメリット

  • ネット環境があればどこでも視聴可能
  • アンテナの設置が不要
  • スカパー!よりも低価格

ネット配信のデメリット

  • 配信されない球団がある
  • テレビに比べて画質が悪い
  • レコーダーなどに録画ができない
  • 配信状況により遅延が生じる

 

プロ野球中継のネット配信

配信 視聴 アプリ デバイス
DAZN 11球団主催試合
※ カープ主催試合配信なし
※ 中日主催の巨人戦は配信なし
月間プラン 3,000円
年間プラン 27,000円
年間プラン 2,600円/月
Fire TV
Apple TV
Google Chromecast
パ・リーグTV パ・リーグ主催試合
巨人・阪神交流戦主催試合
2軍公式戦
一般 月額 1,595円
FC 月額 1,045円
ベースボールLIVE パ・リーグ主催試合 月額 508円
(Yahoo!プレミアム会員)
楽天TVパ・リーグspecial パ・リーグ主催試合 月額 702円
年額 5,602円
Fire TV
Apple TV
Google Chromecast
J SPORTSオンデマンド カープ主催試合
中日主催試合
楽天主催試合
オリックス主催試合
一般 月額 2,640円
U25 月額 1,320円
Fire TV
Apple TV
Google Chromecast
フジテレビONE TWO smart ヤクルト主催試合
西武主催試合
月額 1,100円
ニコニコプロ野球チャンネル DeNA主催試合 月額 550円 Fire TV
Apple TV
Google Chromecast
Paravi DeNA主催試合 月額 1,017円 Fire TV
Apple TV
Google Chromecast
Hulu 巨人主催試合 月額 1,026円 Fire TV
Apple TV
Google Chromecast
イレブンスポーツ 2軍公式戦 月額 1,595円

 

パ・リーグ専門チャンネルなら「ベースボールLIVE」が低価格です。
月額 508円のYahoo!プレミアム会員の方であれば無料で視聴可能です。

youtube動画
参照 : Yahoo!プレミアム会員なら「パ・リーグ LIVE」見放題(ロングver.)/ YahooJAPANPR

 

 

③ 球団公式のネット配信 サービス

 

また、球団公式によるネット配信もあります。
カーチカチ!に関しては球団・中国新聞・RCCの共同制作です。

球団公式のネット配信

配信チーム 視聴 アプリ デバイス
カーチカチ! カープ主催試合
(1軍 年間10試合)
月額 450円
年額4900円
GIANTS TV 巨人1・2・3軍主催試合 月額 1,320円
虎テレ 阪神1・2軍主催試合 月額 660円
ホークスTV ソフトバンク1・2・3軍主催試合 月額 900円
わしほーだい 楽天1・2軍主催試合 月額 330~1,100円
MARINES PLUS ロッテ2軍主催試合 月額 770円

 

youtube動画
参照 : カープ公式アプリ「カーチカチ!」告知 その1 / RCCテレビ公式YOUTUBE

 

ネット配信はテレビでみよう

配信がパソコンやスマホのみの場合は小さな画面でみる形になります。
そういった場合はテレビに映像を映すと大画面で視聴することが可能となります。

 

ネット配信をテレビでみる方法は以下の記事を参照ください。

 

 

ネット配信をテレビで視聴するデバイスの詳細は以下の記事を参照ください。

 

申し込み月は基本料・視聴料0円

 

④ スカパー!なら2軍戦を12球団中継

 

ここ数年は2軍戦中継も充実し、12球団すべてが中継されています。
イレブンスポーツのようにネット配信もあれば、スカパー!のように衛星放送もあります。

2軍戦の中継については以下の別記事でまとめていますので参照ください。
スカパー!なら衛星放送とネット配信を合わせれば12球団すべてが中継されています。

 

今回のまとめ

 

今回はプロ野球中継・配信のまとめについて話を進めてきました。
ここ数年、ネット配信での中継が増加し、サービス自体も充実しています。

現在でもスカパー!が最強なのは変わりありません。
個人的には契約歴10年目でもありスカパー!をおすすめしています。

2022年のプロ野球シーズンも残り少しとなりました。
それぞれの選手がケガすることなく活躍することを期待しています。

 

他にも記事を読みたい

 

 

文章・画像の転載はご遠慮ください