【 支配下登録を目指せ 】ドミニカカープアカデミー出身の育成選手と練習生の今

JEY(ジェイ)

JEY(ジェイ)

 

近年はドミニカカープアカデミーから多くの選手が来日して活躍しています。
今回はカープアカデミーの育成契約選手と練習生について話を進めていきます。

 

[ スポンサーリンク ]

 

育成契約のアルフレッド・メナ投手とロベルト・コルニエル投手

 

2020年は2人の投手が育成契約選手として登録されています。
アルフレッド・メナ投手は2019年に、ロベルト・コルニエル投手は2020年に契約しました。

  • アルフレッド・メナ投手 (26) Alfredo De Jesus Mena
  • ロベルト・コルニエル投手 (24) Robert Corniel

 

① 2019年に育成契約したアレフレッド・メナ投手

 

2019年に育成選手したのがアレフレッド・メナ投手。
エマイリン・モンティージャ投手と同時に育成契約したアカデミー出身の選手。

右のオーバースローでストレートは最速158キロの速球派投手とのこと。

「育成選手になれてとてもうれしく思います。長く1軍でプレーできる選手になれるように、チームメートの皆と一緒になって頑張っていきます。自分の特長としては、球速が158キロ出ることです」

アカデミー出身2選手と育成契約 左腕モンティージャ「目標は床田選手」/ デイリースポーツ

 

それ以前はMLB球団に所属した経歴もあり、プロデビューはアメリカ。
ただ、最終的にシングルA止まりで、結果を残せず4年で退団に至っています。

最後の2年間はルーキーリーグで防御率 6.00台を記録し、MLBは契約解除に。
ドミニカ帰国後はカープアカデミーに練習生として所属し来日する形となりました。

[ MLB成績 ]

所属リーグ 成績
2014 ROK 15試合  2勝3敗 1.93 WHIP 1.31
2015 ROK 12試合  2勝1敗 2.83 WHIP 1.14
2016 ROK 20試合  3勝3敗 6.75 WHIP 1.78
2017 ROK 4試合  1勝0敗 6.00 WHIP 1.88
通算 58試合  8勝7敗6S 4.10 WHIP 1.48

 

① ウエスタンリーグでの成績

 

2019年以降の2軍での通算成績は以下の通りです。
主は先発登板ですが、リリーフとしても登板しています。

成績
2019 9試合(6先発) 2勝3敗 3.45 三振率 7.53
2020 15試合(8先発) 2勝3敗 2.96 三振率 8.87

見ての通り、外国人投手の成績としては目立った成績は残せていません
支配下選手登録されることもかなり厳しい状況ではないかと思われます。

 

 

② 2020年はロベルト・コルニエル投手と育成選手契約

 

2020年9月29日にロベルト・コルニエル投手と育成選手契約を結びました。
背番号は147で、年俸は230万で、以下のように本人はコメントしています。

「球団に育成選手というチャンスをいただき感謝しています。自分の長所である速球と技術をさらに磨いて、1日でも早く支配下選手となり1軍のマウンドで投げられるように精いっぱい頑張っていきます。応援よろしくお願いします」

広島がコルニエルと育成契約 カープアカデミー出身 / 日刊スポーツ

 

アレフレッド・メナ投手と同様にMLB球団に所属した経歴もあります。
同じくシングルA止まりで、目立った結果を残せず6年で退団に至っています。

マイナー時代は1試合のみ先発しただけで、あとはリリーフで登板。
カープでも先発よりもリリーフ投手としての起用が期待されています。

[ MLB成績 ]

所属リーグ 成績
2013 ROK 10試合 0勝0敗 4.50 WHIP 2.00
2014 disabled list
2015 ROK 8試合 0勝2敗 5.27 WHIP 1.90
2016 ROK 18試合 1勝2敗 3.00 WHIP 1.33
2017 A-・A 18試合 1勝0敗2S 4.15 WHIP 1.47
2018 A-・A+ 15試合 0勝1敗 6.16 WHIP 1.68
通算 69試合 2勝5敗2S 4.28 WHIP 1.55
youtube動画
参照 : Quad Cities’ Corniel gets the save / Minor League Baseball

 

① ウエスタンリーグでの成績

 

2020年の2軍での通算成績は以下の通りです。
すべてがリリーフでの登板となっています。

成績
2020 10試合(0先発) 1勝1敗1S 3.00 三振率 8.25

2軍ではありますがリリーフとしてはまずまずの内容を残しました。
大きく制球を乱すことなく、150キロを超えるストレートを投げています。

個人的にはアルフレッド・メナ投手よりも期待できるかと思います。
スライダー以外にもうひとつでも変化球の精度があがると面白い存在に。

2021年に支配下登録の可能性が高いのはロベルト・コルニエル投手。
リリーフ陣が崩壊した2020年のカープにとってぜひ出てきて欲しい投手です。

 

 

[ スポンサーリンク ]

 

秋季キャンプ参加のドミニカカープアカデミーの練習生

 

2019年の秋季キャンプにカープアカデミーから3人の練習生が参加しました。
そのひとりのロベルト・コルニエル投手は紹介の通り、育成契約選手となっています。

  • マヌエル・サンチェス外野手 (24) Manuel Sánchez
  • ミゲル・エラディオ内野手 (23) Miguel Eladio
  • ロベルト・コルニエル投手 (24) Robert Corniel

 

マヌエル・サンチェス選手は2019年1月から練習生として来日。
ミゲル・エラディオ内野手とロベルト・コルニエル投手は2019年9月に来日しました。

① ポスト「バティスタ選手」のマヌエル・サンチェス選手

 

来日中の選手で唯一長距離砲として期待できるのがマヌエル・サンチェス選手。
2019年秋季キャンプではロングティーでバックスクリーンに放り込む姿も報道されています。

 

練習生のため2020年に出場したのは2軍の練習試合のみ。
早く育成契約選手となってどんな実力があるのか見てみたいものです。

202年はサビエル・バティスタ選手が退団、アレハンドロ・メヒア選手も不発。
ドミニカカープアカデミーから新たな長距離砲が出現することが期待されます。

 

① マヌエル・サンチェス選手のMLBでの成績

 

マヌエル・サンチェス選手も過去にMLB球団に所属した時期があります。
2013年と2016年は二桁本塁打を放っていますが、目立った成績は残していません。

確実性の低さが目立ちますが、一発の魅力のある選手に変わりありません。
「第2のサビエル・バティスタ選手」になれるかどうかに期待がかかります。

[ MLBマイナー成績 ]

所属リーグ 成績
2013 ROK 69試合 .247 13本   52打点 OPS .801
2014 ROK 55試合 .240 3本   17打点 OPS .657
2015 A- 57試合 .273 5本   22打点 OPS .768
2016 A+ 93試合 .246 12本 39打点 OPS .712
2017 A 19試合   .176 0本 4打点 OPS .365
通算 293試合   .246 33本 134打点 OPS .712
youtube動画
引用元 : Manny Sanchez | Tampa Bay Rays | 6/20/15 / Tucker Blair 【個人撮影】

 

② 注目されたミゲル・エラディオ選手の「強肩」

 

キャンプで注目されたのはミゲル・エラディオ選手の強肩
本職はショートで肩に定評があり、自分でも以下のようにコメントしています。

「自分でも肩はすごいと思うよ。本塁からバックスクリーンまで遠投したこともある。好きな選手はヒガンテス(巨人)のショート(坂本勇)。とにかく肩でアピールしたいね」

【広島】佐々岡監督、強肩エラディオ「面白い」秋季キャンプにドミニカ5選手 / スポーツ報知

 

また、佐々岡真司監督もミゲル・エラディオ選手について以下のようにコメントしています。

「守備を見たけど、面白い存在になるかな」

【広島】佐々岡監督、強肩エラディオ「面白い」秋季キャンプにドミニカ5選手 / スポーツ報知

 

① ミゲル・エラディオ選手のMLBでの成績

 

ミゲル・エラディオ選手も過去にMLB球団に所属した時期がありました。
正直、打撃力の弱さが目立つのと、長打力に欠けているため起用方法が難しいかという印象。

仮に支配下登録となっても、長打力のない選手に1軍外国人枠を使うのはもったいない。
サビエル・バティスタ選手やアレハンドロ・メヒア選手と比較すると見劣りするのは否めません。

2018-2019年に在籍したフアン・サンタナ選手も打撃面の非力さが目立ち解雇となりました。
同様なタイプと思われる選手が1軍で活躍するというのは現実的に厳しいと断言して良いでしょう。

[ MLBマイナー成績 ]

所属リーグ 成績
2014 ROK 61試合 .226 0本   9打点 OPS .563
2015 ROK 37試合 .168 1本   9打点 OPS .441
2016 ROK 32試合 .246 0本 10打点 OPS .993
A- 4試合 .313 1本   4打点 OPS .600
2017 A+ 95試合   .242 7本 28打点 OPS .625
2018 A- 4試合 .125 0本   0打点 OPS .610
A+ 52試合 .225 3本 28打点 OPS .550
通算 285試合 .246 33本 134打点 OPS .589
youtube動画
参照 : Eladio doubles in two for Captains / Minor League Baseball6 【公式】

 

[ スポンサーリンク ]

 

多くは過去に「クビ」になった選手たち

 

ドミニカカープアカデミーの選手の多くはクビを経験してきた選手たち
MLBのアカデミーをクビになったり、MLBマイナーリーグをクビになったり。

多くの選手がMLBで挫折したあと、カープアカデミーに入っています。
野球選手としてみれば、決して”エリート集団”という訳ではありません。

来日に至る選手も、アカデミーの中でもごく一握りの選手のみ。
能力を秘めた選手は多くいても、日本で通用できるかどうか別になります。

① 環境変化の適応能力が必要

 

来日すると練習、生活、言葉など様々な面で適応能力が必要となります。
楽観的な性格の多い国だと、日本の練習についていくだけでも大変でしょう。

ヘロニモ・フランスア投手は日本で一番苦労したことを以下のように答えています。

「食事です。食べ物ではなく、味の加減に困りました。ドミニカでは料理に塩や砂糖をたくさん入れます。でも、ニッポンは薄い味。戸惑いました」

育成選手から「カープの救世主」へ。快速サウスポー・フランスアの素顔 / Sportiva

 

また、ファン・フェリシアーノ投手コーチは以下のようにコメントしています。

「強いメンタルを育むことができなければ、いい選手にはなれない。強靭なメンタルを身に付けなければ、スーパースターにはなれない」

ドミニカで“日本式野球”を布教する男 / 東洋経済ONLINE

 

“強靭なメンタル”と言うとどこか根性論のように古く感じてしまいます。
ただ、環境に適応できず帰国する選手がいるのも事実で大事な部分でしょう。

 

② 育成契約まで3年半かかったヘロニモ・フランスア投手

 

今は1軍で抑えとして活躍しているヘロニモ・フランスア投手。
練習生として来日したのが2014年9月で、育成契約選手となったのが2018年3月。

育成契約選手になるまでに約3年半もの歳月が過ぎています。
2016年は高知ファイティングドッグスに派遣され結果を出せない時期もありました。

コンビニに行っても食べられるものがないほど食事も合わず苦労したようです。
また、当時もらっていた日当4000円もほとんど家族に送金していたとのこと。

長い下積みを経験し、今ではリーグを代表する抑えに成長。
もし途中で諦めていたら今の活躍はなく、苦労と努力の末に掴んだ成功でした。

[ 高知ファイティングドッグスでの成績 ]

14試合 1勝5敗 防御率4.43

 

[ スポンサーリンク ]

 

今回のまとめ

 

今回はカープアカデミー出身の育成選手と練習生を中心に話を進めてきました。
現在は2名の育成契約選手と2名の練習生が来日して支配下登録を目指しています。

一時は資金難で契約選手が4人まで減少してしまったドミニカカープアカデミー。
近年は投手・野手ともに多くの有望選手をカープに送り込むことに成功しました。

4名の選手たちが彼ら成功者たちのように1軍で活躍できるかはわかりません。
ただ、来日できたチャンスを逃さず、日本での成功を掴んで欲しいと思います。

彼らが活躍できるかどうかはカープの成績にも影響するのは事実でしょう。
20201年以降、彼らがひとりでも1軍の舞台で活躍する姿をみれることを期待しています。

 

 

[ アカデミー施設概要 ]

概要
名称 広島東洋カープアカデミーオブベースボール
所在地 KM3 1/2Carretera Mella San Pedoro de Macoris Rep.Dominicana
電話 011-1-809-529-2040
開校 1990年11月
面積 270,000平方m

 

他にも記事を読みたい

 

文章・画像の転載はご遠慮ください

テキストのコピーはできません。