【 年間691件の検挙 】YouTubeやSNSへの野球中継の違法アップロード(投稿)の危険性

JEY(ジェイ)

JEY(ジェイ)

 

近年、野球中継や野球番組のネット投稿を多く目にするようになりました。
知らないことも多いかと思うので法律に沿った形で違法アップロードについて話を進めます。

 

[ スポンサーリンク ]

 

年々増加し続ける「違法アップロード」

 

近年はSNSやYouTubeの普及により違法にアップロードされた映像が溢れています。
それに伴い、そういった違法行為に対しても抵抗が少ない世の中に変わりつつあります。

多くの人がやっていると麻痺まひしがちですか、違法であることは変わりありません。
ついやってしまったことでも法的リスクを背負っていることは自覚する必要があります。

  • 著作権侵害に”営利・非営利”は関係なく違法です
  • 他人の著作物を勝手に加工・変更することできません
  • ネット上にアップロードした時点で著作権侵害とみなされます
  • 状況によっては”多額の損害賠償請求”となることがあります
  • 逮捕された場合、”最高懲役10年又は1000万円以下の罰金”です
  • 実名報道となれば、今の時代は家族や同僚も巻き込まれます

① 著作権法に詳しい弁護士の見解

 

以下に著作権法に詳しい弁護士の見解をご紹介します。
制作者の許可がある場合を除き、映像をネット上に公開する行為は著作権侵害となります。

雪丸真吾弁護士

もし著作権者の許諾なくネットに投稿すると、著作権のひとつである『公衆送信権』(著作権法23条1項)を侵害することになります。また、テレビ局の『送信可能化権』(著作物をネットで公開する権利)の侵害にもなりますね。

W杯「ゴールシーン」動画をSNSに投稿 – 違法と合法の「境目」はどこにある? / 弁護士ドットコム

 

みずほ中央法律事務所・みずほ中央事務所

中継番組自体は,著作物ですから,そのまま録画して公表すると著作権侵害となります。

【スポーツ,音楽ライブの画像を公表は著作権違反か規約違反となる】 / みずほ中央法律事務所・みずほ中央事務所

 

アークレスト法律事務所

映画やテレビ番組、音楽を録画・録音して、YouTube(ユーチューブ)などの動画投稿サイトに投稿する行為も著作権侵害となります。

ネット上で著作権侵害になるケースとは?削除や対処の方法 / アークレスト法律事務所

 

詳細はあとで紹介しますが実際に野球中継の違法ライブ配信で逮捕者がでています。
全世界に実名と顔写真が公開され、それが永遠にネット上のどこかに残り続けます。

youtube動画
参照 : 違法アップロード容疑 男を逮捕 スポーツ中継を無断ライブ配信で検挙は全国初 / サンテレビ【公式】

 

② テレビ局や配信事業者が違法アップロードを警告

 

各テレビ局が運営するホームぺージでもネット上への違法な投稿を警告しています。
あまり見ることがないかも知れませんが、各テレビ局ともにしっかり記載があります。

[ 放送事業者からの注意喚起 ]

 

また、テレビをみているとこんなCMをよく目にするかと思います。
これらは違法アップロードの違法性を広く周知するために作られています。

youtube動画
参照 : 違法だよ!あげるくん「バレるから篇」 / チバテレ【公式】

youtube動画
参照 : 不正アップロード防止キャンペーン / 衛星放送協会 【公式】

 

③ 映像の「静止画・スクショ」の投稿も著作権侵害に

 

よく「動画はダメだけど、静止画・スクショは問題ない」といった投稿を目にします。
しかし、配信会社の著作物であることに変わりなく、静止画であっても違法に変わりありません

  • 静止画ならOK!という”謎ルール”はありません
  • 静止画は「著作物の一部」であり著作権が存在します

 

弁護士も以下のように静止画であっても著作権侵害となると述べています。
「スクショ・写メ・キャプチャ」と様々な呼び方がありますが著作権侵害は同じです。

みずほ中央法律事務所・みずほ中央事務所

放送されている動画が映っているテレビ・スクリーンなどを撮影して投稿することは,著作権侵害になります。

【スポーツ,音楽ライブの画像を公表は著作権違反か規約違反となる】/ みずほ中央法律事務所・みずほ中央事務所

 

甲本晃啓弁護士

著作権侵害(複製権侵害ないし公衆送信権侵害)にあたる可能性があります。

TV番組の一部をキャプチャした画像をブログに使用した場合は違法か? / 弁護士ドットコム

 

中野秀俊弁護士の動画でも5:01から「スクショでも著作権違反」と説明しています。
ここではアニメと漫画で説明していますが、テレビやネットなどの映像も同じです。

youtube動画
参照 : アニメ、漫画を無断でネット上にアップしたら実際、どうなる?【著作権】/ 弁護士中野秀俊のYouTube法律相談所 【公式】

 

詳細記事を読む

 

プロ野球球団や放送・配信局も注意喚起

 

実際に野球中継を行う放送局や配信局も違法アップロードを注意喚起しています。
特にここ数年は動画投稿の普及により、以前より厳しく言及することが増えました。

① パ・リーグTV・虎テレ・RCCと続々と注意喚起

 

2020年9月30日にパ・リーグTVが公式サイトで違法アップロードを警告しました。
パ・リーグTVは以前からTwitterなどで違法アップロードに積極的に対応されてきました。

しかし、凍結されてもアカウントを作り直すなど違法行為は終わらないのも現状。
そういった現状を踏まえ、意思表示として損害賠償や告訴の可能性も示唆しています。

他にも、RCC(中国放送)や虎テレなどもTwitter上で注意喚起しています。
このように各配信事業社が違法アップロード対策に積極的に取り組み始めています。

 

また、DeNAの映像を著作権侵害したとして球団から警告されたYouTubeチャンネルもあります。
YouTubeは匿名だと勘違いして何度も繰り返す方もいますが球団もしっかりとマークしています。

 

② 違法アップロードの「情報提供窓口」を設置

 

違法アップロードに対する情報提供窓口も設置されています。
その方法について質問があったので、改めて別記事を作成しました。

必要な方やわからない方がいれば以下の記事を参照ください。
不明な点はまたご質問頂ければわかる範囲で回答したいと思います。

 

③ 著作権侵害をしている相手は”ネットのプロ”

 

プロ野球チームと考えると単にスポーツチームの経営会社と考えがちです。
しかし、よく考えるとわかりますが、12球団の中にネット企業が複数存在します。

DeNA、ソフトバンク、楽天など比較的新規に参加した球団はほぼネット企業です。
また、パ・リーグのコンテンツを統括するパシフィックリーグマーケティングも同様。

ネット上の違法行為に対して、情報開示やデータ検出など本気でやればすぐにできます。
素人が投稿したものくらいは本気をだせば、個人を特定することくらいは簡単なことです。

SNSの登録時には電話番号や氏名など必ず何かしらの個人情報を登録しています。
匿名だからと思いがちですが、企業が本気を出せば損害賠償請求くらい容易いことです。

著作権判例データベース

 

詳細記事を読む

 

[ スポンサーリンク ]

 

平成30年の違法アップロードの検挙数は「691件」

 

平成30年には警視庁から違法アップロードで691件検挙したと発表されました。
令和元年には450件、令和2年には363件と減少傾向もかなりの検挙数となっています。

ほとんど報道されないため知られていないですが、実際はかなりの件数です。
同時に、著作権侵害で検挙された大半が「ネット」によるものとも発表されています。

※ 「サイバー空間をめぐる脅威の情勢等 / 警視庁」から作図

① 2022年にサイバー犯罪専門組織を設立

 

2022年には新たにサイバー犯罪専門の組織が設立され対策が強化されます。
これにより今まで放置していた案件も一斉に摘発する動きみられるかも知れません。

「自分は大丈夫」と思って違法アップロードを繰り返す裏で著作権侵害の証拠を保全。
多くの証拠が溜まったところで一気に摘発や裁判へと持ち込む事例もでてくるでしょう。

 

2021年に映画を編集して違法アップロードしたファスト映画で逮捕者がでました。
この件に関しても警察から映画の著作権者への報告で5名の逮捕につながっています。

youtube動画
参照 : 被害額“956億円”…急増する「ファスト映画」で3人逮捕 / C NTV NEWS 【公式】

「ファスト映画」公開 1000万円超の賠償金で映画会社と和解 / NHK

 

② 著作権侵害は「民事」と「刑事」で裁かれる

 

もし著作権侵害で訴えられた場合は以下の罰則が発生します。
民事は個人が個人に対して、刑事は国家が個人に対して訴求されます。

 

刑事の場合は、その文字通り「警察」が介入する場合もあります。
著作権侵害は軽く考えがちですが、懲役刑にもなる可能性があります。

[ 民事と刑事の罰則 ]

罰則
民事 差し止め請求、損害賠償請求
刑事 最高懲役10年又は1000万円以下の罰金、あるいはその両方

 

③ 著作権侵害と言っても権利侵害は3つ

 

簡単に著作権侵害と言っても、その中には様々な権利があります。
違法アップロードによる著作権侵害は一般的に3つの権利侵害が該当します。

  1. STEP

    複製権の侵害

    他人の著作物をコピー(複製)する行為

  2. STEP

    公衆送信権の侵害

    他人の著作物をネット上に公開する行為

  3. STEP

    翻案権・同一性保持権の侵害

    加工など元の状態に手を加える行為

 

④ 逮捕された場合は「身柄捜査」か「在宅捜査」

 

逮捕された場合の捜査は以下の2通りとなります。

[ 身柄捜査と在宅捜査 ]

捜査内容
身柄捜査 逮捕されたまま身柄を拘留され捜査 (最大23日)
在宅捜査 在宅で生活したままの状態で捜査

よほど大規模なものでない限りは多くは在宅捜査となります。
ただ、YouTubeなどで違法に多額な広告収入を得た場合は身柄捜査もありえます。

 

詳細記事を読む

 

[ スポンサーリンク ]

 

違法アップロードで検挙された事例

 

以下、実際に検挙された事例を紹介していきます。
プロ野球中継を違法アップロードして逮捕された事例も出ています。

① 格闘技の違法アップロードで「1000万円」の損害賠償請求

 

スポーツ中継の違法アップロードで平成25年に以下のような判例があります。
被告は「UFC」という総合格闘技の試合をニコニコ動画へ違法アップロード。
判決では著作権侵害に該当するとし、1000万円の損害賠償請求を認めました。

 

請求額には違いはあれど、違法アップロードは「損害賠償の対象」となるということ。
判例ができたことで以降の裁判判決でもよほどのことが無い限りは変わらないでしょう

RIZINも法的措置を示唆

同じく格闘技団体のRIZINも著作権侵害に対しては法的措置をとる明記しています。
このように野球に限らず、各種スポーツ団体も厳しく姿勢で対策に取り組んでいます。

 

② YouTubeでのプロ野球中継「ライブ配信」で逮捕

 

プロ野球中継をYouTubeに生配信をして逮捕された例もあります。
日本テレビやサンテレビが配信する野球中継(主に阪神戦)を生配信したというもの。

長期間に渡ったことや、登録者が35000人程度いたことから悪質と判断されました。
結果として、スポーツ中継の無許可による生配信では国内初の逮捕者となりました。

youtube動画
参照 :  違法アップロード容疑 男を逮捕 スポーツ中継を無断ライブ配信で検挙は全国初 / サンテレビ

 

ベトナム系・インド系アカウントで違法ライブ配信が横行

現在はベトナム系YouTubeアカウントによる違法ライブ配信が横行しています。
漫画や映画業界などで”国際問題”となっていますが、摘発に向けて政治が動き始めています

 

 

かつては著作権侵害で問題となることの多かった中国ですが、現在は罰則強化が進んでいます。
2021年6月には著作権法が改正され、賠償額上限が50万元から500万元(約8500万円)となりました。

 

その他、違法アップロードの逮捕事例

 

詳細記事を読む

 

[ スポンサーリンク ]

 

放送・配信事業の対策と違法にならない利用方法

 

ここからは事業者と利用者の双方の総論的な話をすすめていきます。
事業者側では今後の対策について、利用者側では違法にならない利用方法を紹介します。

① 今後、放送・配信事業社は何ができるのか?

 

SNSではアカウントを凍結されても新規アカウントで繰り返す利用者もいます。
こうした行為により、現状の対策を続けても問題は解決しないのも事実でしょう。

であれば、別の対応を考えないといけません。
今後、各事業社ができうる対策としては以下が考えられます。

  • IPアドレスから視聴契約者を特定し、視聴契約を永久凍結
  • IPアドレスから契約者を特定し、民事にて損害賠償請求
  • NPBや配信事業社で協力して、個ではなく組織として対応
  • 違法ライブ配信・違法アップロードの報告先の一元化

 

そこまでしないと解決しないといけないのは残念です。
ただ、このまま“イタチごっこ”を続けても何も解決しないかも知れませんね。

また、複雑化した試合映像の著作権管理の見直しも必要です。
現状の散在した著作権をどう一元化していくかは今後の課題です。

 

② 違法にならないための著作物の利用方法

 

違法アップロードのリツーイトは問題ないと思っている方も多いかと思います。
しかし、それ自体が「違法行為の拡散に協力している」と裁判では判断されます。

過去にもリツーイトをめぐる裁判で著作権侵害損害との判決がくだされました。
自分がアップロードしてないからと安心していると相手によっては訴えられます。

著作物は法律の範囲内で適切な利用を心がけましょう。
野球動画・画像を安全に利用する方法は以下の記事で詳しく記載しています。

 

③ 新聞や雑誌などの違法アップロードにも注意

 

動画や写真に限らず、新聞や雑誌なども同様に著作物(著作編集物)です。
ネット上に投稿すると違法アップロードになるので取り扱いに注意しましょう。

繰り返しになりますが、動画だけでなく静止画も著作物となります。
写真などの著作権侵害で頻繁に裁判となっている事実も理解しておきましょう。

新聞社や雑誌社は取材費や移動費などを使って取材をして販売しています。
使用する場合は許可をとる、許可をとらないなら使用しないでおきましょう。

写真の著作物は「被写体の選択、シャッターチャンス、シャッタースピード、アングル、構図、現像等により、撮影者の思想・感情が表現されていること」を要します。

弁護士が教える企業のSNS活用で注意しなければならない著作権侵害とは? / たきざわ法律事務所

 

プロ野球関連番組の著作権のQ&A

 

プロ野球映像関係の著作権のQ&Aを以下にまとめておきます。

テレビの動画をネット上に投稿しても良いですか?

各テレビ局から注意喚起されており、「公衆送信権の侵害」で違法となります。

テレビの映像をスクショしてネット上に投稿しても良いですか?

動画と同様にスクショや写メなどの投稿も「公衆送信権の侵害」になります。

選手のインタビューの文字起こししてネットに投稿して良いですか?

映像と同じく文字にも著作権があるので「複製権の侵害」となります。

「引用」と記載していれば特に問題ないですか?

「引用」には4つのルールがあり、それに沿ってなければ違法です。

もし著作権侵害と申告された場合はどうなりますか?

法的には「民事・刑事」で裁かれ、最悪の場合には逮捕もあります。

 

詳細記事を読む

 

今回のまとめ

 

「みんながしてるから自分も大丈夫」と思うのが一番怖いですよね。
著作者が著作権侵害を最初に目にするのが自分になるかも知れません。
そうなると人の負の感情は最初に目したものに強く注がれがちです。

悪気なく知らず知らずということは自分もあるのかも知れません。
知らないことで、おおごとにならないよう気を付けたいと思います。
より良いブログ運営のために、少しずつ勉強していきたいと思います。

 

他にも記事を読みたい

 

文章・画像の転載はご遠慮ください

テキストのコピーはできません。