【 カープ退団後 】ライネル・ロサリオ選手の現在、メキシカンリーグで2度の本塁打王を獲得

JEY(ジェイ)

JEY(ジェイ)

 

カープに2年間在籍し2015年に退団したライネル・ロサリオ選手。
今回はカープ退団後の動向とメキシコリーグでの活躍について話を進めていきます。

 

[ スポンサーリンク ]

 

退団翌年の2016年にMLBに復帰

 

2015年オフに戦力外通告となったライネル・ロサリオ選手。
カープ退団後は4年ぶりにMLBに復帰してメジャー昇格を目指しました。

① ボストン・レッドソックスに所属

 

カープ退団後の2015年12月にボストン・レッドソックスと契約。
マイナー契約であったためAAのPortland Sea Dogsに配属されました。

youtube動画
参照 : Sea Dogs’ Rosario hits three-run homer / Minor League Baseball 【公式】

 

6月18日にはAAAのPawtucket Red Soxに昇格。
しかし、2日後に無安打のためAAのPortland Sea Dogsに降格しています。

AAとAAAに所属したものの結果を残せずシーズン終了。
11月7日にボストン・レッドソックスからフリーエージェントとなりました。

 

Portland Sea Dogs(AA)の成績

101試合 .243 (82/323) 2本 42打点 OPS .637

Pawtucket Red Sox(AAA)の成績

2試合 .000 (0/7) 0本 1打点 OPS .125

 

② オフにドミニカウインターリーグに参加

 

2016年オフには母国ドミニカのウインターリーグLIDOMに参加。
所属チームはサンティアゴにある「Aguilas Cibaenas(アギラス・シバエーニャス)」。

 

チーム参加後すぐの10月22日にはソロ本塁打を放ち活躍。
しかし、本塁打はその1本のみで目立った活躍はできず終了しました。

youtube動画
参照 : Jonrón de Rainel Rosario 22/10/2016 / LidomTV 【公式】

 

2017-2018年シーズン成績

8試合 .235 (4/17) 1本 2打点 OPS .728

 

[ スポンサーリンク ]

 

2017年からメキシカンリーグに所属

 

2017年からはメキシカンリーグ(LMB)の所属しています。
その後は現在まで変わらず2022年で6年目の所属となります。

① 北地区のサルティーヨ・サラペメーカーズに入団

 

北地区のSaraperos de Saltillo(サルティーヨ・サラペメーカーズ)に入団。
日本の実績と長打力を評価されとして3月にLMBデビューを果たしています。

 

② LMB1年目で本塁打王、打点2位の活躍

 

入団後はチームの主力打者として期待通りの活躍。
LMB所属1年目から本塁打のタイトルを獲得し、打点も2位と好成績。

 

2017年シーズン成績

108試合 .331 (136/411) 26本 104打点 OPS .978

 

新聞社のインタビューで成功の理由を以下のように答えています。
MLBとNPBの経験も踏まえ、メキシコで才能をフルに発揮できました。

“Me adapté rápido al equipo y a la ciudad… diría que lo que más me gusta dentro de lo sano y deportivo es la fanaticada, que siempre nos estuvo apoyando todo el tiempo, sin importar el lugar en el que estuviéramos en el standing. Eso es algo importante, algo que uno tiene que valorar, y diría que fue una de las maneras en que pude adaptarme rápido al equipo por el ambiente que hay en el beisbol”

チームにも街にもすぐに馴染めました。私が最も好きなのは、健康と野球の面で私たちが順位に関係なく、常に私たちをサポートしてくれたファンです。それは重要なことであり、大切にしなければならないことで、チームに早く適応できたのは理由の1つだったと思います。

‘Flow’ y poder con Saraperos: Rainel Rosario / VANGUARDIA

 

[ スポンサーリンク ]

 

ケガと復活の2018~2019年

 

2018年と2019年は色々あったシーズンとなりました。
メキシカンリーグを代表する選手として着々と実績を残しています。

① 2018年は骨折の影響もあり不本意な一年に

 

2018年に2シーズン制になったメキシカンリーグ(LMB)。
財政難などで4球団の活動が休止となりシーズンがスタートしました。

約100試合に出場するも10本塁打で終了(前期 : 6本、後期 : 4本)。
シーズン前の骨折の影響もあり、前年と比べて不本意な成績となりました。

youtube動画
参照 : 15 MAYO 2018 MVA VS SAL Rainel Rosario se va para la calle / Liga Mexicana de Beisbol 【公式】

 

2018年シーズン成績

99試合 .294 (100/340) 10本 50打点 OPS .846

 

② 2019年はLMB史上”異例のシーズン”も好成績

 

2019年は再び1シーズン制に戻ってシーズンが開幕。
骨折の影響も薄れ、前年に比べて打撃成績も大幅に向上。

ただ、この年はLMB史上で異例の本塁打数を記録
本塁打数40本台が2選手、30本台が8選手も出現しました。

結果、26本塁打のライネル・ロサリオ選手でも17位に。
とはいえ、打率や打点も含め十分な成績を残しています。

 

2019年シーズン成績

114試合 .324 (145/448) 26本 84打点 OPS .976

 

また、オフには家族で新聞社のインタビューを受ける姿も。
「家族と過ごせる時間を大切にしている」ともコメントしています。

youtube動画
参照 : Rainel Rosario: El ‘Prototipo’ de padre / VANGUARDIA MX 【公式】

 

[ スポンサーリンク ]

 

2021年に2度目の本塁打王を獲得

 

2020年は感染症の影響でシーズンの中止が決定。
シーズン再開となる2021年は完全復活の1年となりました。

① 異例のシーズンも本塁打王を獲得

 

引き続き、感染症の影響もあり試合数削減でスタートした2021年。
70試合弱の試合となりましたが、無事にシーズンを開幕し閉幕しています。

ライネル・ロサリオ選手は前年に続いて好成績を記録。
リーグ最多の20本塁打を放ち、2度目の本塁打王を獲得しました。

 

2021年シーズン成績

65試合 .323 (90/279) 20本 54打点 OPS 1.002

 

② サビエル・バティスタ選手とタイトル争いに

 

2021年で最も個人的に注目だったのは”本塁打王争い”
シーズン序盤から元カープのサビエル・バティスタ選手とデッドヒート。

最終的にわずか1本差でライネル・ロサリオ選手が本塁打王に。
カープファンにとってはシーズン最後まで楽しめたタイトル争いでした。

  • ライネル・ロサリオ選手 20本
  • サビエル・バティスタ選手 19本

 

同じカープドミニカアカデミー出身者として非常に仲の良い2人。
2019年オフにはサビエル・バティスタ選手のインタビュー中に乱入する姿も。

youtube動画
参照 : XAVIER BATISTA de LEONES DEL ESCOGIDO y RAINEL ROSARIO DE ÁGUILAS CIBAEÑAS. Su experiencia en Japón / Red Beisbolera 【公式】

 

 

[ スポンサーリンク ]

 

LMB6年目も本塁打王争いに参戦中

 

6年目となる2022年は通常通りのシーズンが開幕。
2度の本塁打王を獲得し、さらなる活躍が期待されています。

① 開幕から順調に本塁打を量産

 

2022年も開幕から本塁打を量産し、タイトル争いに参戦。
6月27日時点で23本塁打を放ち、トップと1本差のリーグ2位に位置。

また、リーグ最多得点も記録し、OPSもリーグ2位と好成績。
LMBを代表する強打者のひとりとして今年も存在感を示しています。

 

2022年シーズン成績 (6/27時点)

52試合 .358 (68/190) 23本 63打点 OPS 1.281

 

今回のまとめ

 

今回はライネル・ロサリオ選手の退団後について話を進めてきました。
現在はメキシカンリーグに所属し、これまで2度の本塁打王に輝いています。

今やLMBを代表する強打者のひとりとなったライネル・ロサリオ選手。
どの国にいても楽しく野球をする姿を見せ続けてくれること願っています。

 

他にも記事を読みたい

 

文章・画像の転載はご遠慮ください

テキストのコピーはできません。