【 比較 】ロールタイプの振動ケアツール、ハイパーアイスとドクターエアが販売するおすすめ5機種

JEY(ジェイ)

JEY(ジェイ)

 

様々な形状の振動ケアグッズはここ数年人気となっています。
今回はロール型の振動ケアガジェットについて紹介したいと思います。

 

“ロール型”の振動ケアガジェットのメリット

 

ロール型の振動ケアガジェットのメリットは様々です。
その中でも大きなメリットとしては以下があげられます。

  • 体重をしっかりかけて使える
  • 転がしながらアプローチできる
  • 様々な部位にアプローチ可能
  • 持ち運びしやすい

① ロール型のため体重をかけてもOK

 

ロール型のため体重をしっかりかけた状態で使用できます。
例えば、背中や太ももなど広い場所も簡単にアプローチ可能です。

ハイパーボルトではこうしたアプローチは不可能です。
また、ボールタイプでも局所的で安定せずアプローチが限定されます。

 

② 転がしながらのアプローチが便利

 

ロール状の形態のため、転がしながらのアプローチが可能です。
背中など広い部位では転がすことでアプローチも簡単になります。

あとで紹介するVYPER2.0は専用もバックもあります。
3Dマッサージロールでは女性のカバンにも十分入るでしょう。

 

HYPERICEの”ロール型”の振動ケアガジェット

 

まずはハイパーボルトで人気のHYPERICEの機種です。
HYPERICEからは現在のところ1機種が販売されています。

① バイパー2.0 (VYPER2.0)

 

まずはハイパーボルト姉妹品のローラータイプです。
背中や太ももなど広い部位に体重をかけながらアプローチするのに適しています

定価 39,600円

youtube動画
参照 : Vyper Instructional: Back / Hyperice 【公式】

 

② バイパー3.0 (VYPER3.0)

 

2022年にVYPER2.0は生まれ変わりVYPER3.0となりました。
2.0と同様に広い部位のアプローチに適しており、緩いカーブが体にフィットします。

定価 29,000円

youtube動画
参照 : How Robin Arzón uses her Vyper 3 / Hyperice 【公式】

 

③ バイパーGO (VYPER GO)

 

VYPER3.0と同時に2022年に販売となったのがVYPER GO。
3.0よりもひと回り小さいサイズで外出先など持ち運びにも便利です。

定価 22,000円

youtube動画
参照 : The Vyper Go with Anthony Katz / Hyperice 【公式】

 

HYPERICE製品の比較

VYPER2.0

VYPER3.0

VYPER GO

振動数 48㎐、60㎐、72㎐ 48㎐、60㎐、72㎐ 48㎐、60㎐、72㎐
サイズ 30cm×15cm 33cm×13cm  27cm×10cm
重量 1200g 1200g 840g
保証 1年間 1年間 1年間
定価 39,600円
Amazonで価格を確認
楽天で価格を確認
29,000円
Amazonで価格を確認
楽天で価格を確認
22,000円
Amazonで価格を確認
楽天で価格を確認
付属品 充電器(PSEマーク付き) 充電器(PSEマーク付き) 充電器(PSEマーク付き)

※ VYPER3.0とVYPER GOのAmazonでの販売はまだありません

 

② 振動音防止のための専用マットも

 

マンションなどの場合は下の階に音や振動が響いたりします。
その場合は以下のような振動騒音防止の専用のマットも販売されています。

 

会社概要

HIPERICE JAPAN (株式会社モントルー)

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋1-1-1中塚ビル504
TEL 06-6131-4780
運営統括責任者名 堀江友梨

 

Amazonで他の製品も探してみる

楽天での購入は正規代理店から

 

ドクターエアの”ロール型”の振動ケアガジェット

 

続いて、女性を中心に人気のドクターエアの機種です。
ドクターエアからはサイズ違いで2つのタイプが販売されています。

 ストレッチロールS SR-002

 

まずは通常タイプのストレッチロールSです。
VYPER2.0とほぼ同サイズでカラーバリエーションが豊富です。

定価 19,352円

youtube動画
参照 : ドクターエア ストレッチロールS / ドクターエア 【公式】

 

② 3Dマッサージロール MR-001

 

続いては一回り小さい3Dマッサージロールです。
サイズが小さいため女性も扱いやすく、持ち運びも簡単です。

定価 9,981円

youtube動画
参照 : 3Dマッサージロール | リラックス編 / ドクターエア 【公式】

 

ドクターエア製品の比較

ストレッチロールS

3Dマッサージロール

振動回数 2100、3000、3500、4000回/分 2300、2700、3700回/分
サイズ 直径15 × 高さ32cm 直径8.5 × 高さ31cm
重量 870g 675g
保証 1年間 1年間
定価 19,352円
Amazonで価格を確認
楽天で価格を確認
9,981円
Amazonで価格を確認
楽天で価格を確認
付属品 充電用ACアダプタ ACアダプター、アシストカバー

 

会社概要

ドクターエア (株式会社ドリームファクトリー)

〒530-0001
大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビル 16F

TEL 0120-05-8000
代表取締役社長 井上馨

 

Amazonユーザーはこちら

楽天ユーザーはこちら

 

今回のまとめ

 

今回はロール型の振動ケアガジェットついて話を進めてきました。
最近は様々な形のケアガジェットが販売され、人気を集めています。

ロール状であることで様々なメリットがあります。
しっかり体重をかけられ、広い部位に十分にアプローチできます。

ロールタイプは転がる形状のため扱いやすいのも特徴です。
自分の目的にあった機種を見つけて日常から体をケアしていきましょう。

 

他にも記事を読みたい

自分で購入したものだけ集めました

 

※ 文章・画像の転載はご遠慮ください